雪にすっぽり閉ざされた今年の一の瀬の里も
日一日と春の日差しが感じられてまいりました。

静かな一の瀬の里の人たちは
どんな過ごし方をされていられるのかな〜。
自家製の漬物を、手の切れそうな冷たい水で塩抜きして、食卓に乗せ
囲炉裏のあるお家では、囲炉裏の傍で食事の下ごしらえや
手仕事で過ごされていられるのでしょうか。
我が家もこの季節は、
薪ストーブのある一部屋で過ごしているため
用事で他の部屋に行くと、冷蔵庫の中のように冷たい空気で、
用事を済ませて温かい部屋に逃げ帰ってきています。
春になると、気になる仕事をどんどん片付けられ
心も開放される思いがします。
働き者の里の人々は、春が待ちどおしい様です。

02月16日

新しい作品2

11才用のセーターです。
転がしてある糸を見て、配色が決まりました。
安らげる色合いだと感じました。
ポイントに
カウチン模様のワシを編み込みました。
この模様は、以前にも2度ほど使い、
好きな模様です。

(写真をクリックすると拡大写真が見られます。)
上のセーターのバックです。
薄灰色の上下に編み込んだ
細い模様の間に、ワシのバックに使った
若草色のドット模様が入っています。
残念ながら、この写真からは確認できません。
9〜10才用のセーターです。
編みかけています。
毛糸が足りなくなり、袖が編めません。
毛糸を買って来てから続きを編みます。
半袖にする予定です。
ふっくらした袖がいいかな〜。
襟のあき部分には、ボタンがつきます。
う〜んとかわいく仕上げたいな〜。
フレヤースカートを編み足しても面白いかも。
(写真をクリックすると拡大写真が見られます。)


















前の記事


目次に戻る

ホームに戻る