12月05日

今日この頃

娘からの注文で、編み込みの手袋を編んでみました。
5本指の手袋は初めて編みました。
面倒かしらと思っていましたが、意外と簡単でした。
翼を広げた鳥を編み込んでみました。(ペルー・インカ模様)
夫に編んだ繋ぎのセーターズボンは、もう着用していますので、
掲載は差し控えます。
隙間がないので温かい様ですが、ファスナーなどを使っての
まだ、改良の余地がありそうです。
夜は、暖炉の傍で、残り糸の色を合わせながら
靴下を編むつもりです。編みためておくと重宝なので。

<温かなお写真をありがとうございました。>

先日、お客様がテントサイトから撮られた写真を送ってくださいました。
何と幻想的で温かな写真だろう!とじっと見入ってしまいました。
厳寒の夜が明けて、朝日に照らされた渓流の青い色は、空の色を映していたのでしょうか?
ジーと見ていると、朝の光の中に多くの営みが感じられるお写真でした。
遠く朝もやの向こうに川辺のテントが見えていました。
晩秋の山奥の朝がこんなにも光がまばゆくて、温かい色に満ちている事に驚きました。
自然がお好きな方だから撮れた写真のような気がします。(11月25日の今日の出来事に掲載)

厳寒の中でのキャンプの魅力を覗かせて頂いた思いがしました。

<編物>
今、編んでいるのは、夫の上下つながった防寒ウエア−です。(12月8日完成)
先日来靴下や手袋などの実用小物を編んでいましたが、靴下を気に入った夫からの注文で
セーターとズボンをつなげたようなものを編むことになりました。
外仕事の強い見方になればいいのですが。
どこから着るのか、トイレの時は?問題です。
娘からも5本指の手袋の注文があり、今年は編物を認知してもらえた様で、嬉しい私です。
ここしばらくは、毛糸の整理も兼ねて、実用小物を編む予定です。


前の記事

目次に戻る

ホームに戻る