ガラスの馬U


 ある古びた小さな店の、ウインドーにかざられているガラス細工の馬は、いつもこの店の前を通る青年にほのかな思いを抱いていました。
 ガラス細工の馬は、その青年が店の前を通るたびに、心の中で叫びました。
 「私をおそばにおいて下さい!」
 「私を買って下さい。あなたのおそばにいさせて下さい!」
 ガラスの馬は、少しでもその青年のそばにいられたらどんなにいいかしら……と、いつも思いつづけていたのです。
 ふしぎなことに、ガラス細工の馬は、日ごとに青くそまってゆきます。
 青年に会いたい、少しでもそばにいたいという、そんな思いが、ガラスの馬を青くさせたのでしょうか?
 (少しでもそばにいたい。)
 そんなねがいがかなう日が来ました。
 青年は、みるたびに色のかわるガラス細工の馬がたいそう気に入り、クリスマス・イブの夜、その馬を買いました。
 ガラスの馬はとてもよろこびました。恋こがれた青年と、毎日いっしょにいられるのですから、もう、うかれっぱなしでした。
 でも、ねんがんがかない、よろこんだのもつかのまでした。
 青年にはとてもかわいらしい恋人がいたのです。青年は毎日毎日、ガラス細工の馬にむかい、その恋人の話をするのです。
 少しテレくさそうに、恋人の話をする青年には、ガラスの馬の目に光るものに、気づくゆとりなどありません。
 (私はどうして、人間として生まれて来なかったのでしょう……。)
 ガラス細工の馬の頭の中には、何度も、そんな思いがよぎりました。
 つらい冬がやって来ました。やがて春になれば、青年はその恋人と結婚することになっていたのです。
 (なんとかなしいことでしょう。)
 ガラス細工の馬は、毎日毎日ねがいました。
 「春などこなければよいのに……。」
 ガラスの馬は、泣いて泣いて泣きまくりました。
 いっしょうけんめい(春がこないように。)とねがっていても、春はもうすぐそこまで来ているのです。

           ×   ×   ×

 とうとう春がやって来ました。今日は青年の結婚式の日です。
 青年は白いタキシードを着て、恋人は白いウェディングドレスにかわいいブーケを手にもって、それは一枚の絵をみているような美しい光景でした。
 パイプオルガンの音、さんびかの歌声、神父さまのお話……。やがて青年の手から恋人のゆびに、ゆびわがはめられた時刻(とき)、ガラス細工の馬は、大粒の涙を一つだけこぼしました。そして、からだはバラバラに砕け散ってしまったのです。
 式をすませてかえった青年は、砕け散ったガラスの馬を見て、とても悲しみました。
 青年は、砕け散ったガラス細工の馬を、一つ一つひろいあつめてガラスの箱に入れ、庭の片隅に小さなお墓をつくってあげました。
 ガラス細工の馬が、最後にこぼした大粒の涙は、青い青い石になりました。
 その石は、「かなしい、かなしい」と叫び声がきこえそうなほど、さびしげな青い石になりました。
 ガラス細工の馬の思いが、通じたのでしょうか。
 青年は、ガラス細工の馬と同じように、その青い石を大切にあつかい、一生はだみはなさず、小さなふくろに入れてもっていたそうです。
                                              おわり

★この作品は、私が高校生の頃に書いた作品です。
あいだをあけて、昭和60年に、山梨日日新聞に投稿して、その年の童話の部で、年度賞の佳作に選ばれた作品です。

    未熟な自分を
      すべてさらけ出すことによって
        少しでも、成長することが出来たら…と思っています。

よろしかったら、感想など、お聞かせ頂ければ、嬉しく思います。


ホームに戻る